これからの中古マンション・住宅


住宅供給の新たなカテゴリー

昨今、キッチンや風呂場、リピングまわりの調度品、家具、使用材などのテレビCMに″リフォーム″対応を謳ったものが増えている。「リフォームのためのキッチンセット」「簡単にリフォームできる床暖房」「リフォームに適したリビング仕様」という具合だ。これはつまり、住宅がひと通り行きわたり、住環境が一回転したことを表している。一戸建て、集合住宅を含め、住まいはすでに供給過多になっている。

戦後六十年、とにかく、普通程度の生活レベルの人なら、一応、住まいを確保できているということである。だからいま、リフォームなのだ。

建設中の家

・新築の一戸建て志向は、かつてほど強くはない。その背景には、四半世紀から三十年程度とされる日本の住宅の平均耐用年数の低さがある。

・年齢を問わず、単身世帯が増えている。これは都市部に顕著に見られる傾向だ。

・特に都心部において、集合住宅であるマンションへの需要が高まっている。これにはまた、セキュリティを重視する意識も強く影響している。

・先行き不透明な時代にあって、親子二代にわたるような長期の住宅ローンは将来的に不安がある。そのため、二戸建て、マンションを問わず、価格のリーズナブルな中古住宅に対する潜在需要は大きいと見られる。

・これだけ物があふれかえると、所有の形態、考え方に変化が起きてきた。また、新機能に対する絶対的な信奉は崩れつつある。その反面、古きよきもの、歴史や伝統に裏打ちされたものに対する信頼度は高まっている。

・環境保全、資源確保の面からも支持されている。

・大量生産・大量消費・大量廃棄は、必ずしも合理的ではなかったことが判明した。これにより、再生志向の時代の到来が見られる。要するに、循環型

・リサイクル社会の構築である。

・少子高齢化は、思ったよりも加速度をつけて進行しており、ライフスタイルが急激に変化しつつある。特に単身の高齢者を中心に、利便性に富んだ都市での生活を志向する傾向が高まっている。

・団塊の世代がリタイアする時代は目の前だ。そうなると、消費行動を含め、生活面での充実が求められるようになり、終の住処に対する意識が、従来のものとは変わることが予想される。

面談

 クオリティ重視の傾向が強くなるから、質実をともなう住居スペースが望まれる。令これらをもとに総合的に判断するなら、都心の一等地にある中古マンションを再構築して、高機能、高付加価値をつけたリノペックスマンションの将来は有望であるとみていいだろう。


生活の利便性となっている東京都内で,マンションを購入するのでしたらレジディア日本橋浜町がお勧めになります。
東京都内の中で,町全体が落ち着いた雰囲気となっている人形町エリア。江戸時代からある町で,東京の下町になります。人形町には神社が多く,七福神を祀っている神社が八つあるのも特徴の一つなんです。
浜町公園の近くにある甘酒横丁には,昔から受け継がれた伝統工業や味な老舗が多いため,時間のある時に町を散歩するのも,楽しむこともできそうですね。
都内で落ち着いた生活を考えている方,レジディア日本橋浜町での生活を始めませんか?
レジディア日本橋浜町は今人気の物件なので、ぜひ一度ご確認ください。

東京とないでは住みにくいと考えている方へおすすめなのがさいたま市です。さいたま市はベッドタウンとして人気が高く一戸建て物件が多くあるので,これから子育てを始めようという方やファミリーにオススメのエリアです。
ぜひさいたま市で一戸建てをご検討ください。

渋谷や新宿までのアクセスが簡単な、池尻大橋駅で一人暮らしを!都内にある池尻大橋駅からは、渋谷までたったの2分で行くことができます。交通の利便性が良く、池尻大橋駅の近くには賃貸物件が豊富。街にはスーパーや商業施設が充実しているので、買い物で困ることは無いでしょう。一人暮らしをする際は、池尻大橋駅近くで探すことをお勧めします。