ヴィンテージものとステイタス


一時期、鉄骨・鉄筋コンクリート(RC)造りのマンションは、せいぜい持って五十年という説が流布した。なかには、三十年を超えたらさまざまな支障が出てくるとさえ論じられた。マンションの中古物件の場合、どうしても、建物のみ体部分に目がいってしまうので、こうした噂とも風評ともつかないものが、やはり気になる。

「使われている砂が海砂で、その塩分により鉄骨が錆び、腐食するという話がまことしやかにささやかれたものですが、それで、どうにもならなくなったマンションというのが実際ありますか」たしかにいわれてみれば、この手の風評通り、海砂を使ったがために倒壊したり、崩落したりしたマンションというのは、知っている範囲ではない。「もちろん、手抜き工事やいい加減につくったマンションは駄目ですよ。

しかしそれは、一戸建てだって同じことです。きちんとつくって、メンテナンスを怠らなければ、マンションというのは八十年、百年は持つものなんです。実際、石造り文化のヨーロッパなどでは、百年を超える住宅がいくらでもあるじゃないですか。要は、基本設計とメンテナンスの問題なんです」たしかに、前にふれた同潤会アパートにしても、構造的な面ではまだまだ問題ないとされていた。

家の模型と聴診器

しかし、日本には、少なくとも住宅に関しては、木造建築も含め、戦前のものはほとんど残されていない。「住宅文化の違いでしょうが、マンションの耐用年数が三十~五十年しかないと思っているのは、日本人だけです。欧米諸国では、RC造りの建物は何百年も持つと思われているわけです。

ですから、欧米での住宅の売買というのは中古マンションの取引が主流です」欧米諸国では、マンションの価値というものは、立地やグレードで決まる。好立地でハイグレードのマンションに住むことが、一種のステイタスになっている。築年数はほとんど関係ない。むしろ、古い建物のほうがよりステイタスが高められるという場合も多いのである。築百年以上を経たマンションの物件が億単位で取引されることすらある。

マンション

実際、ニューヨークーセソトラルパークの周辺にむかしからある、名の通ったマンションの物件には、いまでも数億円の値段がついているという。この話を受けて、取締役企画開発部長の斎川斎が次のように述べている。「ワイン、ジーンズ、クルマ、なんにでもヴィンテージものってありますよね。

マンションもそれと同じです。そのときにしかできなかった、極めてレアな存在。ですから、時が経つにつれて立地、建物のグレード、築年数、すべてひっくるめてヴィンテージとしての価値が出てくるのです。古いものに歴史を認め、それを継続していくのが文化という考え方です。


貸し工場を探し中だという方。神奈川県でみつけませんか。神奈川県にある横浜市は,工場が多く残っているエリアで,貸し工場も神奈川県には揃っています。
貸し工場は移転で困ることがなく,初期費用もあまり必要としないため低コストの移転を可能としています。神奈川県で土地を所有している方で,活用でお困りの方。貸地にして,工場を所有している企業と契約しませんか?
契約が成立できれば,工場がある数十年間は安定した収入が得ることがでいますよ。貸し工場を探している方。神奈川県の貸し工場について,ご確認しませんか?

引っ越し先を探している方に必見なエリアなのが,埼玉県の戸田公園エリアとなっています。こちらのエリアはなんと全国の住みやすさランキングで上位の4位にランクインしているエリアなんですよ。駅の構内にはスーパーなどがあってまた,駅周辺には様々な専門店が建ち並んでいるので買い物がとても楽にできます。駅周辺には、賃貸物件も数多くありますよ。そんな戸田公園エリアの賃貸物件をここで探してみませんか?

宝塚市内で引越し先を検討している方はいますか?いましたら,ぜひ逆瀬川駅周辺で賃貸物件を検討してみませんか?
交通機関も充実しているエリアが逆瀬川駅の周辺です。そんな逆瀬川駅周辺の賃貸について確認してはいかがでしょうか?
逆瀬川駅周辺の賃貸物件について確認して満足いく生活を始めましょう!