様変わりした家族の形態と間取り


昭和四十年代後半から五十年代にかけて建てられたマンションの顧客は、比較的、文化志向の強い、高いステイタスを持った層が多かった。また、それらのマンションの立地も、青山、麻布、赤坂、原宿などの一等地が多い。「戦前の貴族階級の邸宅跡地など、いまでは手に入らないような立地ばかり」(山本)で、交通至便、それでいて幹線道路から一歩奥まった静かな環境が多かった。当時、マンションというのは一種独特の雰囲気があり、文化人、医者、作家、海外駐在員など、裕福なだけではなく、知的階級の住む聖域といった観が強かったものだ。

畳の部屋

このように、当初、マンションという言葉には独特の響きが込められていた。ちなみに、アパートに毛の生えたようなものにまで「マンション」、「ヴィラ」、「コーポ」などという名前をつけだしたのは、そのずっと後のことである。こうした物件が流通しはじめたころの取得者層は、団塊の世代から上の年代である。まだ家族構成も、四人家族が標準と見られていたころで、夫婦の寝室、子ども部屋、そしてリビングに台所という二LDKや三DKの間取りが主流だった。

近代的な部屋

しかしいまや、核家族という言葉も成立しないくらい、家庭を構成する単位が細分化される傾向にある。男女ともに中性化・ユニセックス化しつつあるのかどうかはわからないが、単身世帯が増加している。これは、中高年齢層にも同様の傾向が見られ、子どもが巣立った家庭では、熟年離婚が増え、連れ合いと死に別れた高齢者も、気苦労の多い子ども家族との同居を避けるようになっている。こうした傾向は今後、減少することはないのではないだろうか。


マイホームを考えるならやはり新築で購入したいですよね。新築のマイホームなら建てる場所も重要になってきますので治安のいいとこで見つけたいですよね。
また近くにお買い物できる場所があるため重要になってくるのではないでしょうか?
豊島区は新築一戸建てに適した場所に位置しているので、都内で新築一戸建てを購入したいと考えている方は、確認してみてもいいかもしれません。
豊島区は、巣鴨や池袋など人気のエリアがあるので、住んでいて飽きることもありませんよ!

千葉県で不動産物件を探すなら,便利な津田沼駅周辺は外せません。
その理由としては、津田沼駅周辺にはスーパーや飲食店,千葉興業大学,クリーニング店など充実しており多くの人を惹きつける魅力ある街だからです。
まずは津田沼エリアから不動産情報を探してみて下さい。

引っ越しを検討中の方。兵庫県にある姫路市で,新築マンションを購入について検討しませんか?
姫路市には有名な観光地。姫路城があることで有名ですよね。そんな姫路市は大阪や神戸までのアクセスもしやすく,市内の治安が良好となっています。
住んでいる人の満足度も高いですし、自然も豊かです。そんな姫路市で新築マンションを探してみませんか?
姫路市の新築マンションについて一度調べてみましょう!